ママになっても夢中になれること

お子さんがうまれると、生活がガラッとかわります。

食事も、お風呂も、お出かけも、全てが子ども中心の生活になって、
ママは、自分の自由な時間もオシャレも、後回しになりがちですよね。

だけど、自分の楽しみを我慢ばかりしていると、
気付かないうちに、余裕がなくなってきて、
子どもにキツくあたってしまったりしたことありませんか?

それでは、結果的に、子どもにとってもストレスになっちゃいます。

レッスンに参加されたママさんから、こんな感想をいただきました。


子どもを産んでから、子どもの事ばかり考えていました。
メイクも子どもによくないかなと思ったり。
自分を犠牲にして尽くす事が、子育ての様に考えてました。

レッスンに参加して、色々なママの姿を見て、ママになっても楽しめる夢中になれる事があるんだ!!と思いました。
ママになっても、今までと同じ様に夢中になれる事に出会えるし、それにプラスして子どもとの大切な時間もあるんだと感じられてとても幸せです

「メイクも子どもによくない」そう感じてしまう気持ち、とってもよく分かります。

私も、美容院でパーマをかけたら、パーマ液が子どもによくないかな? とか考えちゃって、まだ我慢していたりします。

特に、産まれたての赤ちゃんと過ごす時期は、
自然なもの、安全なものを与えてあげなきゃ、と考えて、
究極的にはメイクをするのも気後れする・・・
という人もいるでしょう。

「自分は我慢しなきゃ」
と感じているママは、意外と多いように思います。

だけど、

自己犠牲の上に、他人の幸せを築くのは、なかなか難しいんじゃないでしょうか。

自分が幸せで満たされていないで、幸せを分けてあげても、枯渇しちゃうんです。
ママがピリピリしては、子どもだって、のびのび安心して育つことができません。

ママ業は、完全にフルタイムです。
基本的に、24時間・365日・休みなし。

今日は、パァーッと飲みに行こう!なんていうガス抜きですら難しい。

だから、たまには、
「自分が心から夢中になれること」をするのが、すごく大事だと思います。

私の友人には
週末、パパに子どもを預けてカフェ時間をつくったり、
一時保育を利用して、カルチャーセンターに行ったり、
人それぞれ、色々なやり方で自分の時間をつくっているようです。

子どもにとって、大切な時は、
ママにとっても、一生で一度しかない、大切な時です。

是非、まずは、自分を満たしてあげてくださいね。

そうすれば、お子さんと過ごす時間も、
もっと、もーっと、幸せを感じられるようになりますよ♪

IMG_7361_mini